埋没法による二重になる方法

二重になる方法の中で、埋没法による二重手術が最も人気があり、プチ整形とも呼ばれています。埋没法によって二重まぶたにする手術は、痕跡はさほど残りませんし、痛みや腫れも最小限で済み、軽い気持ちで受けることができるでしょう。 糸を埋めて二重を作る方法なので、糸を外せば元通りです。埋没法による二重手術の時間は15分程度です。どういった二重にしたいかは、施術前に鏡を使いながら確認し、希望を伝えられます。埋没法の場合、二重の手術をしてから1時間後に10分程度目を冷やすだけなので、手軽に受けられる手術です。入院する事もほとんど無く、日常生活の合間に二重の手術を受けられるのもメリットです。 二重まぶた埋没法がプチ整形と呼ばれるのは、同じく二重まぶたの手術である切開法のようにメスは使わず、時間や費用も安く手軽なことからです。整形手術ほど大げさな方法ではなく、ちょっとした補正といったイメージがプチ整形の人気の秘密かも知れません。 しかし埋没法にもデメリットがあります。せっかく二重まぶたにしても、何年か経過すると元に戻ってしまうことがあります。まぶたを糸で結んで二重にするという方法を用いているためです。人気の埋没法による二重になる方法ですが、メリットもデメリットもあるので、手術の前に担当医師としっかりと相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>