プチ豊胸に使用されるヒアルロン酸

ヒアルロン酸にはいくつか種類があり、プチ豊胸に使用されています。マンマリーヒアル、SUB-Q、パーレインなどが一般的な美容医療機関に数多く提供されているヒアルロン酸の種類になります。 アメリカの企業が、ヒアルロン酸を製造している代表的な企業であり、ヒアルロン酸はアメリカ食品医薬品局の公認の元で、製造されて美容施設や医療機関に提供されているといいます。 プチ豊胸に使用されるヒアルロン酸は主に、SUB-Qが使用されています。プチ豊胸に使用しても、分子が従来のヒアルロン酸に比べて大きいので持続効果が約3年と長いところがメリットです。局所麻酔でヒアルロン酸の注入は行われますが、静脈麻酔を痛みが心配だという人に対しては、局所麻酔の痛みを和らげる為に使用することもあります。 パーレインというヒアルロン酸は、粒子が細かいので豊胸施術の仕上がりが柔らかくなり、ナチュラルな感じが得られるのが特徴です。たくさんのヒアルロン酸の中でもより粒子が丸くソフトになっているのが、マンマリーヒアルです。ほかのプチ豊胸で堅いシコリが出来てしまった人にとって、触ったときの感触がとても柔らかくなるこの方法は有効的な豊胸施術ではないでしょうか。 皮膚や乳腺の状態を診断してから、ヒアルロン酸の実際の注入は、乳腺の下や乳腺の周囲のバストの深い部分に行います。乳腺に厚みが無いのが、大半のバストアップしたい方の特徴なので、重要なのはヒアルロン酸を注入する場所の見極めということになります。 プチ豊胸をヒアルロン酸によってよるする前には、納得のいくまでカウンセリングを受けて、しっかりと説明きくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>