しみとくすみの原因について

美白を志すには、まずしみやくすみ対策が必要です。はだにしみが出来るのは強い紫外線を浴びた時などで、肌の反応として作られたメラニン色素が皮膚表面に集まって沈着している状態をいいます。日焼けをすると肌が黒くなりますが、あれは紫外線の刺激を受けた肌が奥深くでメラニン色素を作り表皮におくりだすことで肌を外界の刺激から守るためです。紫外線が肌に悪さをしないよう、メラニン色素は日の当たりやすい肌を覆うことでガードします。メラニン色素の存在は本当ならば一過性のものであり、ターンオーバーによってメラニン色素は皮膚から出て行きます。これが一般的な作用なのですが、もし強烈な紫外線をいつまでも受けていたり、ホルモンの調子がいまいちの場合は、メラニンを作るメラノサイトが影響を受けます。肌のターンオーバーでは排出しきれないほどの大量のメラニン色素を作るため、結果的に体外に出し切れなくなったメラニン色素がしみという状態で表皮に残ってしまうというわけです。そして年を取るとどうしても代謝が衰えてきますので、メラニンの調整機能がダウンしてしみが発生しやすくなれます。くすみは、古い角質がスムーズに剥がれずに溜まっていく事により肌に透明感が無くなった状態の事を指します。クリアなガラスであっても何枚も重ねていくと色に濁りが出てきます。くすみはそれと同じような状況のことであり、肌のターンオーバーと関わりがあります。ストレスを溜め込みすぎないよう、栄養バランスを考えた規則的な食事を続け、スキンケアをしっかりして肌の再生力を高めることがしみの対策になります。しみとくすみの原因をよく理解する事が、しみやくすみの無い肌を作る第一歩となります。