メイク落としの注意点

10年先、20年先のお肌を考えるならば、正しくないメイク落としでは肌への負担がどんどん溜まっていきます。メイク落としに際して気をつけるべきことは何でしょう。 まずは、指の腹でまるを描くようにクレンジングを使うことです。お肌へダメージがいかないようなメイク落としをするためには、特に目元や口元などの肌を力を入れてこすってはいけません。 メイク落としとマッサージを同時に行っている方は注意が必要です。毎日のメイク落としに乗じて、顔を隅々までマッサージをしているという方は意外と多いようです。お肌のマッサージに時間をかけると、クレンジング剤が肌の油分を吸収して、お肌を乾燥させてしまうので注意しましょう。 顔マッサージには、そのためのクリームがお勧めです。クレンジングや洗顔に使う湯は、入浴時の湯よりややぬるめの33度前後が最もいいといわれています。人の顔の表面温度が33度前後であるため、皮脂が自然と顔の表面に浮き出て、より肌に負担無く洗顔出来るからです。 クリームやジェルタイプのメイク落としが肌に負担が無いというのは間違いという点も忘れてはなりません。メイク落とし時にどちらのクレンジング剤を使う場合でも、界面活性剤が配合されている以上はじっくりとクレンジングをしなければなりません。 クレンジング剤を選ぶ時は、自分自身の肌の状態をまず優先して検討をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>