外科手術でフェイスをリフトアップする

お肌のたるみは、年をとると気になるものです。何となく疲れて見えたり、実際以上に年を取って見えがちなのが、たるみが目立つことによる欠点です。そのようなアンチエイジングを求める人のために、様々なフェイスリフトアップの方法が存在します。最近はプチ整形という言葉が広まり、軽い気持ちでリフトアップ手術をする人も多いようです。フェイスリフトアップの中でもメスを使うものは、垂れ下がった余分な皮膚を切開します。持続性がある反面、肌への負担が大きくならざるをえないのが、この方法です。かなりたるみが目立つという人には、このフェイスリフトアップの方法は向いているかもしれません。メスを使わないフェイスリフトアップ技術には、糸を使って肌を引き上げる方法が代表的です。カニューレという極細のチューブを用いてたるみの元となる脂肪を吸引し、皮膚を軽くしてリフトアップをするのが、脂肪吸引によるフェイスリフトアップの方法です。二重あごや頬のたるみに効果的です。しわが目立つ場合は、コラーゲンやヒアルロン酸注入によるフェイスリフトアップ法があります。下から皮膚を持ち上げてハリを与え、顔のたるみを解消するのです。最近フェイスリフトアップ技術の中でも、レーザーなどの光を用いたサーマクールというものが注目を集めています。フェイスリフトアップを、皮膚を引き締め、コラーゲンの生成作用を促してたるみを解消することで行う方法です。