顔のたるみ原因

まず顔のたるみの原因としてあげられるのが、皮膚の弾力の衰えで、顔のたるみはいわゆるひとつの老化現象です。コラーゲンによって保たれているのが、肌の張りです。年齢とともに肌の血行が悪くなり、細胞に栄養分が行き渡らないとコラーゲンの合成機能が低下し、顔のたるみが起こると考えられています。老化だけが顔のたるみの原因ではないこともわかっています。日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊も顔にたるみができる原因のひとつとされています。顔のたるみが発生する要因としてもうひとつ、急激に太ってしまうと、皮下脂肪の重みに筋肉や皮膚が耐え切れなくなるというものもあります。皮膚が急激に痩せると余ってしまい、顔の皮膚がたるんでしまうということもあるので、急激なダイエットも急激な肥満も注意しなければなりません。顔のたるみは、皮膚の張りが失われることによって、顔の表情筋が垂れ下がることで発生してしまうこともあります。顔のたるみの原因としては、加齢で筋肉自体が減少することもあげられます。体のむくみも、顔のたるみの要因となる場合があるでしょう。ケアをきちんと行わずに、身体に余分な水分を溜め込み続けると、顔のみならず、身体全体にも悪影響を与えることになるかもしれません。このむくみによって、少しずつ余分な水分が蓄積されてしまいます。注意したいのは、水分の重みで皮膚が垂れ下がってしまい、顔のたるみやまぶたのたるみへとつながる可能性があるということです。