子供たちがアナと雪の女王の主題歌にはまっています

アナと雪の女王が人気ですよね。

ゴールデンウィークに映画館に観に行ったら、朝7時か8時かくらいから行ったのに売切れで観られなかったんですけど、子供たちはユーチューブで観たりして、歌をだいぶ覚えているようです。

サビのところなんて2歳になったばかりの末っ子も覚えてるくらいで、子供たちが「ありの~ままの~♪」と合唱したりしています。

その様子がかわいくて微笑ましくて、動画で撮ったりもしました。
ちゃんと覚えてないからエンドレスに繰り返すので、たっぷり4分くらい歌い続けていました。
後からかわいいから動画を送ろうとしたら長すぎでダメだったくらい。

末っ子は動画を撮って親戚のお姉ちゃんや友達に送るところまで要求してくるので、ちょっと困ります(^_^;)
はじめはかわいいしいっか~と思って気軽に送ったんですけど、そうしょっちゅう2歳児の歌声送られてももらう方も困るでしょうしね。

たまたま連絡してくれた友達に「少々おつきあいください」って前置きして送らせてもらったりしています。

送る分以外にも、何度も何度も歌っては撮る、というのを要求されて、いっぺんに末っ子の歌声動画がいっぱいになっちゃいました。

次女とかおもしろがって観ていましたけどね。

でも親ばかながら、2歳になったばかりにしては上手なようにも思います♪
次女が音痴なんですよねー。
それはそれでかわいいから全然アリだと思うのですが。

アナと雪の女王のブルーレイの予約がすでに始まってるようで、動画を送った親戚のお姉ちゃんが予約した、と言っていました。
小さい子供がいるから映画館で観るのは難しいから、もう予約したよ~って。

氷の城とか、映画館の大きいスクリーンで観たいなあ。

でも夏休みにはポケモン映画も始まるんだったと思うので、子供たちはそっちに流れちゃうんだろうな、とも思います。

働き始めて子供が朝泣いちゃうようになりました

仕事というかパートで働き始めて、1週間くらいたちました。

まだ生活に慣れてはいなくて、それは私だけでなくて子供たちも同じです。

今までは朝9時から夕方4時で保育所に行っていましたが、それが仕事の日は朝8時半過ぎくらいから夕方5時ごろまでになりました。
子供の負担にならないように、どちらも1時間以上は早くなったり遅くなったりせず、これくらいなら大丈夫だろうと思っていました。

でも3歳クラスの次女でも、朝泣いてしまったり、1歳クラスの末っ子なんていつも通りの9時に行っても泣く日もあるようになってしまいました。

これもまた慣れて、9時でも8時半でも泣かずにバイバイできるようになるんだろうけど、毎日8時半の方が慣れるのが早いんだろうな、とも思います。

昨日は9時、今日は8時半だから泣いちゃうんですよね。

保育所では9時までに行った場合と9時以降に行った場合とで子供たちが行く部屋が違うから、落ち着かないんだと思います。

とは言え、仕事がない日は9時からって決まりですしね。
子供が慣れないからお休みの日も8時半でいいですかってわけにいかないのも分かっています。

私が働いている保育園では、週に2~3日だけ来てる子供さんもいらっしゃるようで、
お散歩に出た時にも「ママ~」って突然泣き出してしまうお子さんもいるんですが、
そりゃ泣いちゃうよね、と思います。

昨日はママと一日一緒だったのに、今日は離れ離れなんですもん。

自分の子供とだぶっちゃって、言葉が出なかったりします。
泣いてる子供さんを見て、朝泣いてた自分の子供を思い出しちゃって。
それでも仕事に行かないと、と気持ちを切り替えたつもりだったんですけど。

うっかり「ごめんね」って言っちゃいそうで、子供的には先生なのに私が言っちゃダメだな、って思うと何を言えばいいのか分からなくなっちゃうんですよね。

意外と頼れる2歳児につい親ばかになっちゃいます

2歳になったばかりの末っ子の保育所用のおしりふきを、昨日買ってきました。
末っ子と、お姉ちゃんと一緒に保育所の帰りに。

で、おしりふきとオムツがごっちゃになってるようで末っ子はおしりふきを持って「ママーオムツ」と笑っていました。
「それはオムツじゃなくておしりふきだよ」とか適当な会話をしながら晩ごはんの用意をしていたのですが、
今朝、おしりふきを保育所バッグに入れるのを忘れていたことに気付き、おしりふきを探したのですが見当たらず。

ダメ元で末っ子に「昨日いっしょに買いに行ったおしりふきどこ?」と聞いてみると、
「ああ」と思いだしたような声を出して隣の部屋に消えていきました。

オムツが置いてある方に行ったのでまたオムツでも持ってくるのかな~と思ったら、「あったよ~」との声が。

オムツを抱えてるんだろうと思いながら見に行くと、ちゃんとおしりふきを持っていました!

もうびっくり。
何にびっくりって、昨日の記憶があることに(^_^;)

それも、ちゃんとオムツを入れているバケツの中に入れてくれていたんです。

前の日の晩に履かせるオムツと服をセットして出してあるので、オムツ入れを探してなかったんですよね。
ちゃんとオムツ入れに入れておくなんて、なんてしっかりしてるんだと親ばかにも思ってしまいました(>▽<)

末っ子なのでいつまでも赤ちゃんでいてほしいような気持ちもあるんですが、やっぱり成長を感じるとうれしいものですね♪
なんてえらいんだと思いましたよ。

でも、まだまだ2歳になったばかり。おしりふきと手とか口周りを拭くためのウェットシートとの区別はつかないようで、
手拭きシートも一緒にオムツ入れに入っていました(^_^;)
まあ、両方とも赤ちゃんの絵が描いててピンクの色で、似たようなものですしね。

雨をよけてうまくいった日はうれしい♪

今朝は、雨が降るというのは全く知らなかったんですが、小学生組の子供たちが集団登校の集合時間に遅れてしまって、
ピンポンしてくれたお友達たちが傘を持っていたので、今日雨なんだ、と知りました。

月曜日は保育所に行く時の荷物プラスお昼寝布団で、大荷物になっちゃうんですよね。
雨が降ると、それぞれゴミ袋に入れて持って行くので、乗せにくいし落ちやすいしでちょっと大変。

でもいざ保育所に行こうという頃には微妙に雨が止んで、一応傘は持って行くけど差さなくても大丈夫かな?という感じでした。

無事、保育所まで行けて、やった~ラッキー♪と思ったら、次女のお昼寝布団を忘れていました(>_<)

せっかく雨に濡れずに行けたのに、また布団を持って来ないといけなくなっちゃいました。
まだまだお昼寝するから、ナシでってわけにいかないですもんね。

それでもなんとかギリギリ雨が多くなる前に買い物もして帰れたので、逆に良かったと思います♪
行きたかったスーパーの開店時間が10時だから、ちょうど良かったです。

同じ雨の月曜日でも、朝に降ってるのと夕方降ってるのとでは大違い。
まあ、どちらも雨が降っていないのが一番いいんですけどね。

長男はけっこううまいこと外に出ると雨がやむことが多くて、晴れ男までいかないけど雨除け男と呼んでいます(*^_^*)

保育参観でささいな成長に出会いました

こないだ保育参観があり、保育所に行ってきました。

年少さんと1歳児クラスに子供たちがいてるので、午前中に年少さんの参観と保護者懇談、
午後から1歳児クラスの保護者懇談と参観、と一日保育所にいる感じでした(^_^;)
お昼ごはん食べに一旦帰る、みたいな。

でも年少さんの次女は、去年の参観では泣きもしないものの無表情で突っ立ってるだけだったんですよね。
今年も無表情なのは変わりなしでしたが、ちゃんと踊っていたので進歩したなあ、成長したなあと思いました。

無表情でかわいいダンスを踊ってるのって、すごいシュールでおもしろかったですし。

製作も、今年から幼児クラスになったということもあり、本格的にのりを使ったりお顔の絵を描いたりしていました。

去年までは乳児クラスだったので、製作はなかったような気がするんですよね。

そんな感じで、成長を感じた3歳児クラスの参観でした。

そして、末っ子の1歳児クラスの参観です。

まず、寝ている子供を起こすところからスタート。
1歳2歳の子供たちが並んで寝てる姿がかわいくてかわいくて、お母さん方が写真撮ってらっしゃったんで私も~と思って撮って来ました。
かわいくて癒されます♪いい写真をゲットできました。

参観というか、起こして、おやつ食べさせて、牛乳飲ませて、絵本の読み聞かせを一緒に見て、という感じでした。

絵本も、はじめは自分が~自分が~と食いついていたのに、ほんの短い時間で1歳児は飽きてしまうんですね。
終盤には歩き回る子がいたり、あちらこちらよそ見してる子がいたりと、自由になってきていました。

同じ日に3歳と1歳の保育参観に参加したので、その違いというか成長っぷりをすごく体感できました。
たった2年で子供ってこうも変わるんだなって。すごいと思います。

2歳のイヤイヤ期に突入した末っ子に悪戦苦闘中

2歳はイヤイヤが多くて「魔の2歳児」なんて言われたりしますが、今我が家の末っ子は「魔の2歳児」まっただ中です。

何を言ってもまず出る言葉が「イヤ」だったりします。

またか、と思うのですが、イヤというならほっておこう、と置いとける場合はいいですが、
1人で家の中に入らず外で遊ぼうとしたり、朝の時間のない中で着替えを拒否されたりすると、
ほっておこうでは済まないのであの手この手で導くしかなくなります。

一番使う手は、「お姉ちゃんは着替えたよ。着替えてないのは末っ子だけだよ」と焦らせて急かす手法。

これで効果ありならば話は早いですが、成功率はあまり高くありません。

家に入らない時などは、「ドアが閉まるよ~。3,2,1」とカウントダウンして0まで行ったら締めてしまう、
という若干の脅しを加えることが多いです。
このカウントダウンはけっこう効果がありますが、一度帰って来てもまた出て行っちゃう時もあります。
そんな時は、2度目のカウントダウンは効果薄いんですよね。

「魔の2歳児」に理由はおそらくないので、何かしよう、というと即答で条件反射のように「イヤ」と返って来ます。

「なんでイヤなの?どうしたいの?」と聞くと、理由なんてないからか黙るんですよね。
黙ったから了承済みかと思って着替えさせようとしたりとかすると、また「イヤ」。
この繰り返しですね。

だから最近では、早めに着替えるように声を掛けて、他の用事が残ってる状態にしておきます。

「イヤ」と言われてから、「じゃあいいよ」と他の用事をして、少ししたらまた声を掛ける、を繰り返すんです。

すると、何度も繰り返すうちに本人が着替える気になることもあるし、強引に着替えさせるにも猶予を与えた上での強制執行なんでまだ暴れっぷりがマシになります。

イヤイヤ期の嫌がり方もなだめ方もその子ひとりひとりによって違うので、試行錯誤しかないですね。

最近の家庭訪問事情とは

先月は保育所の家庭訪問があり、今月は小学校の家庭訪問がありました。

保育所の家庭訪問は、家の中にしっかり入られてじっくりお話しました。

なので、小学校の家庭訪問の日も長男と長女で日にちが違いましたが両日とも部屋を片付けて掃除機かけてと支度をしていたのですが、
長男のクラスの先生も長女のクラスの先生も家の中に入られませんでした。

去年までは普通に家に入られていたんですけどね。
今年は入らないようにとでも言われているのかな?とちょっと疑問に思っていました。

入っちゃダメなんで、なんて言われることもなく、「暑いでしょうし入られませんか?」と聞いたら
「家の場所がわかればいいので、大丈夫ですよ」とのことでした。

すると、テレビで家庭訪問自体が最近はなくなっていっている、
家庭訪問をしても家の中には入らずマンションの廊下で先生と保護者が話したりするケースが多い、
という話をタイムリーにしていました。

全国的にそういう風になってるんだ~と納得。

それに先生方も次々家庭訪問の予定が詰まっているから、家に上がる時間、出る時間の節約になっていいのかもしれません。
実際、長男の担任の先生は立ち話ですがわりとじっくり話される方で、時間よりも遅れて来られました。
長女の先生は時間通りに来られて、話も短くすぐ終わっちゃいました。

先生と話す機会はあまりないので、できれば私としてはじっくり話せる方がいいかなー。
時間通り来ていただけるのはたしかにありがたいのですが、急いでいる感を感じてしまって、焦りがうつるようでなんか話が耳に残らないですしね。

先生がおっしゃっていたように、学校側からしたら家の場所が分かればそれでいいのかもしれませんけど。
心配ごとのある親にしたらもうちょっとお話したかったかも。

2歳になった末っ子のお誕生日会

先日、末っ子が2歳のお誕生日を迎えました。
2歳。もう赤ちゃんとは言えませんね。
末っ子もとうとう赤ちゃんを卒業してしまいました。

そんな末っ子は近所のお友達にもすごくかわいがってもらっており、
おじいちゃんおばあちゃんにも、もちろん私たち両親からもかわいがられています。

お誕生日当日にもたくさんおめでとうと言ってもらい、
夫方のおじいちゃんおばあちゃんからおめでとうの電話をもらいました。
私方のおじいちゃんおばあちゃんは、誕生日ケーキを持って来てくれました。

お誕生日当日は夫は仕事が遅かったため帰って来た時にはすでに子供たちは寝た後だったので、
翌日、夫の帰りが早かったから改めて家族でお誕生日会をしました。

さらに翌日、誕生日からすでに二日が経過していましたが、
週末だからとご近所のお友達が泊りがけでお誕生日会をしてくれました。

徒歩1分で家に帰れる距離だから、完全にお泊りしたいがための理由づけお誕生日会のようにも思いますが(^_^;)
末っ子もとっても喜んでいて私もうれしかったです。

末っ子は我が家の4人目の子供なんですけど、子供たちもお誕生日会にお呼ばれとか聞かないし、
仲良しのご近所のお友達も誕生日はおばあちゃんちに行っているのでお誕生日会ってやったことなかったんですよね。

お誕生日会って響きが懐かしいな~って思いました。

たくさん末っ子を祝ってくれて、本当にありがたかったです♪

6歳のすごい夢とは

小学校1年生の長女が、「すごい夢を見た!」と興奮気味に言うのでどんな夢かと思ったら、
「朝まで起きてた夢見た!」という内容でした。

それがすごいのか?!と思いましたが、たしかに小学一年生ですからね。
朝まで起きてるなんて許されることじゃないし、午後11時まで起きてることすら年越しくらいしかないから、
すごい夢なのかも(^_^;)

子供って早起きの方はよくしますけどね。
こないだ「アナと雪の女王」を観に行こう、となった時、おじいちゃんおばあちゃんが朝8時半に迎えに来てくれるっていうのに
朝6時から子供たち4人揃って起きてきましたから。

どれだけ映画のために早起きなんだと。

そして大人の私は、去年夫が転職して職場が遠くなったので早起きになり、
帰りが遅いから夫に合わせているともともと睡眠時間の長いタイプなので寝不足になっちゃうんですよね。

寝不足が積もり積もってこないだ夜9時から爆睡したら、朝3時にはスッキリと目覚めてしまいました。

普段深夜12時から1時くらいに寝て朝6時に起きてるから、睡眠時間は5~6時間。
夜9時に寝ても、6時間も寝たら起きる体になってしまってるんだな、と思いました。

時間が許す限り10時間以上でも寝ていたかったのに、習慣によって変わるものですね。
もしくは加齢によって睡眠時間が短くなってきたのかな?

小学校の記念行事に参加してきました

子供たちの通う小学校の周年記念行事に参加してきました♪

航空写真を撮る、ということで、小さい子供たちを連れて行くから邪魔になるだろうと思って申し込みしなかったんですけど、
せっかくの記念行事だし近くで見たい、と思って保育園児2人を連れて行ったところ、
人が足りないからぜひ、と言っていただいて参加させていただきました(*^_^*)

航空写真を撮るのは初めてで、人文字に参加するのも初めて!
暑かったけど、楽しかったです♪
3歳の娘もおもしろかった~と言っていました。

セスナから写真を撮るらしくって、いつ撮られているのか全く分からなかったんですけど、
何枚か撮っていたようです。
キレイに撮れたかどうかはきっとその場で分かっているんでしょうね。
もう一枚!たぶんこれで最後です!とか言ってらっしゃったので。

その後、全体の記念撮影にも参加させていただき、生徒さんと先生方だけの記念撮影に入ったので子供たちの姿は確認できないまま学校を出て、
帰り道の途中で待って娘と一緒に帰りました。

娘は今年1年生で入学したばかりなんですけど、小学校入学以来、イマイチ学校になじめず、心配なんですよね。
友達と何かした、とか何か話した、という話を全くしてくれなくって。
保育所の時は毎日のように話してくれてたんですけど。

そんな感じなので、妹たちと一緒なら話のタネになるかなーと思ったんですが、お友達と話してる様子もなく、妹と走って行っちゃって家が学校から近いのですぐ家に着いちゃいました(>_<)

お兄ちゃんが一年生の時は妹は毎度取り囲まれるように話のタネになってたんですけど、学年によって違うんですね。
この子にこそ妹パワーが必要なのに、と思っちゃいました。
お兄ちゃんは勝手に自分からお友達に話しかけて行ってた子だったから(^_^;)