ダイエットに効果的なのはプチ断食?ちょこちょこ食べ?

週2日酵素飲料のみで食べないプチ断食とか、
食べる時間を一日のうち8時間の間だけ食べるとか、
プチ断食系のダイエットってありますよね。

おなかを空っぽにする時間を作って、余計なものをため込まない体質になれるらしいです。

対して、食べると食べたものを消化するためにエネルギーが使われるから、そのエネルギーを頻繁に使うためと、
おなかが空っぽの状態で何かを食べると急に血糖値が上がり太りやすい体になるから、
おなかが空っぽにならないようにちょこちょこ食べて急激な血糖値の上昇を避ける、というダイエットもありますよね。

週2日食べないプチ断食は、断食後復食かなんか言って急にたくさんカロリーのあるものなどを食べないので、
急激な血糖値の上昇もそう心配しなくてもいいのかもしれませんが、
8時間ダイエットでも食べる時間はまず消化のいいものから食べる、とかルールがあるのかな?

ちなみに私は、どちらかというとちょこちょこ食べの方が楽だと感じました。

2日間食べないというのは、もう2日目後半には食べたい欲求が高まってしまい、
たしかに2キロくらい痩せたけど、あっという間に元の体重に戻ってしまいました。

向き不向きというか、体質や性格との兼ね合いもあるのかもしれませんね。

忘れた頃の「テレビ出てたよ」にびっくり!

近所の商店街にテレビのロケが来ていて、友達がすぐおいで!って電話をくれたので、ロケを見物に行ってきました。

来ていたのは芸人さんとかだったのですが、意外と顔が小さくて、芸人さんでも芸能人って顔が小さいんだなーとさすがだなと思いました。

で、そんなことはすっかり忘れた頃、小学校の参観に行きました。
去年息子を担任してくださっていた先生もいらしていて、お久しぶりですーと声を掛けると、
「息子くん、テレビ出てましたね!」
と言われました。

参観の前日に放送していたそうで、先生は毎週観ていた番組だったそうです。

息子と私に連絡をくれた友達の子供ちゃんたちがずっとロケの後ろに映っていたらしいです(^_^;)

たしかに、最後には車に乗ったのに追いかけ、降りてきてくれたゲストのはるな愛ちゃんが笑顔で握手してくれたそうで、みんな超テンション上がって帰って来ました。
長女は「愛ちゃん大好きになった!」ととっても喜んでいました。

ずっとロケを追いかけて車まで追いかけたもんだから、愛ちゃんも握手してくれたのかなあ…と、はるな愛ちゃんに申し訳ない思いでいっぱいです(>_<)

さらに、保育所の参観に行った時にも、「テレビ出てたよ!」と言われ「ああ、息子と娘ね」と話していたら、私も映っていたらしいです。
そうだったの?!とびっくり。えー観たかった~と思いました。

気を付けたい、身近な事件にご注意

私が子供の頃、向かいに建っていたアパートが夜中に火事になり、父親が泊りがけで釣りに行っていていなかったので、
母親と近所の人たちと廊下の窓からこわごわ燃え盛るアパートと消防活動を見た記憶があります。

その後アパートは建て替えられましたが、前のアパートの時に学校帰りなどによく遊んだ犬はいなくなってしまって、
被害者はいなかったと聞いたので火事をきっかけに引っ越されたんだろうと思いつつ、確かめたい思いともしも被害者はいなくても被害犬がいたんだとしたら悲しいから知らずにいたい思いと両方あり、
結局どうだったのか分かっていません。

私が経験した大きな事件は、事件というか火事ですが、それくらいです。

事故なら、幼稚園バスを待ってる間に車の横転事故を目撃したことがあるような気がします。
逆さまになった車が印象的で記憶にあるのですが、もう30年ほど前なので車の色すらたしかでなく、かなりあてにならないです。

30年以上生きてきて、ニュースになるような事件は完全にテレビの中の世界のようでした。

ところが最近、末っ子が去年度まで通っていた保育所の近くで事件があり、通りかかるお母さんに聞いたら警察や報道陣がたくさんいたそうです。
さらに、その容疑者が今通っている保育所の近くで捕まったらしくって、びっくりしました。

それから1ヶ月も経たないうちにお義母さんから聞いたのですが、私が以前一人暮らしをしていた夫の実家近くのマンションで火事があったそうです。

その火事も私は見ていないんですが、報道されていたらしいです。
私が住んでいた部屋の真上らしくって、お義母さんもびっくりした~とおっしゃっていました。

うちの近所での事件も話していたので、なんか最近身近で事件が続いて怖いね、と話しました。
子供がいるので、特に子供が事件に巻き込まれるようなことがないよう、願います。

苦手でもたまには楽しいお裁縫♪

小学校5年生の長男が、今家庭科でお裁縫をやっているそうです。

古タオルがいる、とタオルを持って行ったのですが、妹が落し物置き場に同じタオルがあるのを見つけ、
兄に教えたそうです…。ほんと、頼りないなあ(^_^;)

お裁縫は今のところ楽しいようですよ。
こちらは、指でも突くんじゃないかと心配ですけど(>_<)

私も最近、お裁縫をする機会がありました♪

ミシンは末っ子の保育所で使うエプロンを作るのにちょこちょこ使っていましたが、手縫いはかなり久しぶりでした。

やったのはボタン付け。
長女の標準服のポロシャツのボタンが取れてしまったというので、付けてみました。

久しぶりだったので、お裁縫は苦手ですが楽しかったです♪

ボタン付けって、最後に生地とボタンの間をグルグル糸を掛けるのが楽しくて、高校生くらいの頃無駄にボタンを付けて遊んでいた記憶があります。
一人っ子なんで、家に帰ると遊び相手がいなくてヒマだったんですよねー。
まあ兄妹がいても高校生くらいにもなると家で一緒に遊ばないのかもしれませんが。

ミシンを買った時にはお裁縫でも始めようかと思ったものですが、いまだエプロン作りでしか使っていません。
勢いでソーイングブックを買おうかと思ったような気がするのですが、本当に買わずに止まって良かったです(^_^;)

ちょっとしたことからのトラウマ。健診が不安です

私は4人目の子供を出産したあと、産後高血圧と言われて退院が延びてしまいました。
その間上3人を義父母に見てもらうことになってしまい、迷惑をかけたなというのと、単純に経済的不安でこれ以上の子供を望むことは諦めました。

私が4人目を出産した病院は初めての個人病院で、血圧管理に力を入れているらしく、上が130下が90を超えると、何度も何度も血圧を測りに来ます。

私は超えちゃってたし、何度も測られるうちに血圧計のウイーンっていう音と締め付けで緊張するようになってしまい、ドキドキするようになっちゃいました。
血圧って気持ちの状態とかちょっとしたことでも上がったり下がったりするものだから横になって体を休めてから測りましょう、と5分ほど横になって、また測りに来られるんですけど、落ち着いて寝てても測り始めるとドキドキしちゃって、休んだ意味ないんじゃないかなという感じ。

なんとか薬を服用して落ち着いた数字になったんで無事退院できたのですが、家で自分で測る時にもドキドキしてしまうようになりました。

これをトラウマというのか、という感じ。
でもわざわざ精神科に言って「血圧を測る時にドキドキするんです」って相談するのもなんだし、2~3度測って落ち着いて来れば普通に上110台の下70台になるから、本当の高血圧ではないんだろうな、とは思うのです。

で、問題なのが、健康診断。

絶対に血圧測定がありますよね。
パートで採用してもらった際に、健康診断を入った時と年1回受けてもらうとお話を聞いて、血圧大丈夫かな、と心配になっちゃいました。

落ち着けば普通だから薬をもらって下げるというのもおかしな話だろうし、かと言って久々に病院で血圧計られて何度か測ってもらえても落ち着けるかなあ?

なのでまず、看護師さんとかにこういうトラウマがあってそれ以来…と話をしてから測ってもらおうと思います。

自ら足かせを付けて、保育士受験資格を!

近々、パートに出ることになりました。
まだ面接を終えただけで、全然働いていない状態です。

いざ行ってみたら聞いてた話と全然違ってとてもやっていけないかもしれない。
一緒に働く人たちが怖すぎて、やっていけないかもしれない。
私がとろすぎて、クビになるかもしれない。
子供の体調不良が続いて、休みが多すぎるからうちでは無理だと解雇されるかもしれない。

という状態なのですが、働きながら勉強して保育士さんになるぞ!という目標を掲げたので、
通勤の間にテキストを読み込もうと思って、早々とテキストを通販で買いました。

一般的な本じゃないだろうから、本屋さんで買おうと思ったら大きい本屋さんまで出向かないといけないので、ネットの方が早いかなと思って。

それを夫に言ったら、もう買ったんかいと驚かれました(^_^;)

私はけっこう慎重な性格のようで、わりと何でも下調べをすごくしちゃいます。
いいなと思ったパートの求人でも、お店とか外から見える職場で行ける範囲だったら行きますし。
それで実際、この空気の中働ける自信ないわ~と思って応募しなかったこともあります。

でも今回は、3年は働かないと保育士試験の受験資格すら私にはないんですよね。
資格がなくても雇ってくれて、しかも適当な保育なんてしていないしっかりした保育園のようですし、
ピアノも弾けないと言ったら少しずつ覚えてくれたらいいから、とも言っていただけて、とっても勉強になると思ったのです。

だから、どんなに辛いことがあっても受験資格を得て証明書を出してもらうまではやめないぞと決意をするため、テキストを買った感じです。
いくらこちらが続けると言い張っても、クビだと言われたらしょうがないことですけど。
その時はまた一から次の職場を探すぞと、あきらめないぞという意思表示ですかね。自分の中での。

意外と頼れる2歳児につい親ばかになっちゃいます

2歳になったばかりの末っ子の保育所用のおしりふきを、昨日買ってきました。
末っ子と、お姉ちゃんと一緒に保育所の帰りに。

で、おしりふきとオムツがごっちゃになってるようで末っ子はおしりふきを持って「ママーオムツ」と笑っていました。
「それはオムツじゃなくておしりふきだよ」とか適当な会話をしながら晩ごはんの用意をしていたのですが、
今朝、おしりふきを保育所バッグに入れるのを忘れていたことに気付き、おしりふきを探したのですが見当たらず。

ダメ元で末っ子に「昨日いっしょに買いに行ったおしりふきどこ?」と聞いてみると、
「ああ」と思いだしたような声を出して隣の部屋に消えていきました。

オムツが置いてある方に行ったのでまたオムツでも持ってくるのかな~と思ったら、「あったよ~」との声が。

オムツを抱えてるんだろうと思いながら見に行くと、ちゃんとおしりふきを持っていました!

もうびっくり。
何にびっくりって、昨日の記憶があることに(^_^;)

それも、ちゃんとオムツを入れているバケツの中に入れてくれていたんです。

前の日の晩に履かせるオムツと服をセットして出してあるので、オムツ入れを探してなかったんですよね。
ちゃんとオムツ入れに入れておくなんて、なんてしっかりしてるんだと親ばかにも思ってしまいました(>▽<)

末っ子なのでいつまでも赤ちゃんでいてほしいような気持ちもあるんですが、やっぱり成長を感じるとうれしいものですね♪
なんてえらいんだと思いましたよ。

でも、まだまだ2歳になったばかり。おしりふきと手とか口周りを拭くためのウェットシートとの区別はつかないようで、
手拭きシートも一緒にオムツ入れに入っていました(^_^;)
まあ、両方とも赤ちゃんの絵が描いててピンクの色で、似たようなものですしね。

雨をよけてうまくいった日はうれしい♪

今朝は、雨が降るというのは全く知らなかったんですが、小学生組の子供たちが集団登校の集合時間に遅れてしまって、
ピンポンしてくれたお友達たちが傘を持っていたので、今日雨なんだ、と知りました。

月曜日は保育所に行く時の荷物プラスお昼寝布団で、大荷物になっちゃうんですよね。
雨が降ると、それぞれゴミ袋に入れて持って行くので、乗せにくいし落ちやすいしでちょっと大変。

でもいざ保育所に行こうという頃には微妙に雨が止んで、一応傘は持って行くけど差さなくても大丈夫かな?という感じでした。

無事、保育所まで行けて、やった~ラッキー♪と思ったら、次女のお昼寝布団を忘れていました(>_<)

せっかく雨に濡れずに行けたのに、また布団を持って来ないといけなくなっちゃいました。
まだまだお昼寝するから、ナシでってわけにいかないですもんね。

それでもなんとかギリギリ雨が多くなる前に買い物もして帰れたので、逆に良かったと思います♪
行きたかったスーパーの開店時間が10時だから、ちょうど良かったです。

同じ雨の月曜日でも、朝に降ってるのと夕方降ってるのとでは大違い。
まあ、どちらも雨が降っていないのが一番いいんですけどね。

長男はけっこううまいこと外に出ると雨がやむことが多くて、晴れ男までいかないけど雨除け男と呼んでいます(*^_^*)

ノンシリコンシャンプーリンスを使い始めました

私はずっと髪が長かったので、かなり傷んでると決めつけてハイダメージ用のシャンプーリンスを使っていました。

でも長さの割に頑丈な髪質らしくて、シャンプーリンスが合ってなかったそうです。

先月バッサリ髪を切りに行った美容院で教えてもらいました。

たしかに、たまに「髪濡れてる?」と言われることがあったんですよね。
晴れてる日に、お風呂も前日の夜に入ったっきりなのに。

濡れてる要素が全くないのにそう聞かれてびっくりしてたんですけど、私の髪にはシャンプーリンスが重すぎて濡れたように見える状態になってたらしいです。

ノンシリコンシャンプーリンスの方が良いかも、とアドバイスいただき、その帰りに素直にノンシリコンシャンプーリンスを買いに行きました。
TUBAKIのシリーズにノンシリコンシャンプーリンスがあって、値段的にもまだ安い方ですし、アロマの香りというのもアロマ好き心をつつかれちゃいました。

なのでもう1ヶ月くらい使ってるんですけど、特に髪を触ってて引っかかる感じもないし、
ノンシリコンで全然大丈夫な感じです。

美容院の方は今までのシャンプーリンスとノンシリコンとどちらも使っていったらいいようなことを言ってらっしゃったんですけど、
私のシャンプーリンスばっかりそんな並べてられないですしね。
子供用のシャンプーリンスも下2人用と上2人用とあるので、とにかく場所取るんですよね。

保育参観でささいな成長に出会いました

こないだ保育参観があり、保育所に行ってきました。

年少さんと1歳児クラスに子供たちがいてるので、午前中に年少さんの参観と保護者懇談、
午後から1歳児クラスの保護者懇談と参観、と一日保育所にいる感じでした(^_^;)
お昼ごはん食べに一旦帰る、みたいな。

でも年少さんの次女は、去年の参観では泣きもしないものの無表情で突っ立ってるだけだったんですよね。
今年も無表情なのは変わりなしでしたが、ちゃんと踊っていたので進歩したなあ、成長したなあと思いました。

無表情でかわいいダンスを踊ってるのって、すごいシュールでおもしろかったですし。

製作も、今年から幼児クラスになったということもあり、本格的にのりを使ったりお顔の絵を描いたりしていました。

去年までは乳児クラスだったので、製作はなかったような気がするんですよね。

そんな感じで、成長を感じた3歳児クラスの参観でした。

そして、末っ子の1歳児クラスの参観です。

まず、寝ている子供を起こすところからスタート。
1歳2歳の子供たちが並んで寝てる姿がかわいくてかわいくて、お母さん方が写真撮ってらっしゃったんで私も~と思って撮って来ました。
かわいくて癒されます♪いい写真をゲットできました。

参観というか、起こして、おやつ食べさせて、牛乳飲ませて、絵本の読み聞かせを一緒に見て、という感じでした。

絵本も、はじめは自分が~自分が~と食いついていたのに、ほんの短い時間で1歳児は飽きてしまうんですね。
終盤には歩き回る子がいたり、あちらこちらよそ見してる子がいたりと、自由になってきていました。

同じ日に3歳と1歳の保育参観に参加したので、その違いというか成長っぷりをすごく体感できました。
たった2年で子供ってこうも変わるんだなって。すごいと思います。