サンキュ!2014年7月号:ゆで時間1分スパゲティ

サンキュ!2014年7月号の142ページで紹介されている、「ゆで時間1分」でまるで生パスタ!というのが気になりました。

普通にお鍋でスパゲティをゆでるのでも、沸騰させるのはスパゲティを入れてから1分だけにして、あとは予熱でゆでる、というのも見たことあるんですけど、芯が残りそうだしどうだろう、と思っていました。

こちらはそういう方法ではなくて、ゆでる前にスパゲティを水に浸してふやかしておいて、1分ゆでる、という方法でした。

もっちもちで生パスタみたいになるんだそうです。

食感が良くなる上にガス代の節約にもなるんなら、いいですね。

ふやかしておく間は見ておく必要もないんだし、その分他の用事ができますしね。

私は時短タイプの6分くらいゆでればいいスパゲティを愛用しているのですが、もちもち感というのを感じたことはないですね。

どんな食感なのか、試してみたいと思います♪

ゆでたスパゲティは、カルボナーラ、ボロネーゼ風、クリームパスタという王道パスタにするレシピと、アマトリチャーナ風パスタという初耳なパスタにするレシピとが載っています。

アマトリチャーナ風パスタは野菜がたっぷりらしいので、暑い夏を乗り切るパスタとしていいかもしれませんね。

冷製パスタじゃなんとなく物足りないと感じてしまうので、ぜひ作ってみたいです♪