サンキュ!2014年7月号:株主優待で得するポイント

月曜から夜ふかしという番組で、株主優待で生活しているという元プロ棋士の方を見ていて、株主優待に興味は持っていました。

株取引にも興味がないわけではありませんが、やっぱり株は怖い、というイメージがあります。

で、サンキュ!2014年7月号に載っていたのが株主優待で得する5つのポイント、というものです。

株主優待、ふるさと納税について58ページから載ってるんですけど、株についてはどうも現実味を持って読めないんですよね。

でも、59ページの「株主優待で得する5つのポイント」は分かりやすくて、もしも買うなら…というイメージはできたように思います。

うちは土曜日の晩、子供たちがおばあちゃんちに行ったりした時に夫婦で居酒屋に行ったりするのですが、そういう時に使えるような居酒屋さんの株主優待とか探してみるといいかも、と思いました。

家族で外食する時に使えるような、ファミレスの株主優待とか。

おすすめの株主優待のすごい企業とか紹介してくれていますが、うちが利用するのはそのうち吉野家、マクドナルドくらいですかね。

明光義塾の企業はクオカードなので、これも優待は使えますね。

利回りなども大事なんでしょうけど、わざわざ車で行かないといけないような優待だと逆に負担になっちゃいそうなので、家の近所にお店がある企業を選んだ方が実際に有効に使えるという点でいいのかもしれませんね。

サンキュ!2014年7月号:冷気の通り道を確保

電気代の減らし方について、サンキュ!2014年7月号の54ページで読者さんが紹介しているのが「冷気の通り道」を考える、という方法です。

冷気の通り道を考えてエアコンを設置して、1台のエアコンで3部屋同時に冷やすことができる、ということのようです。

こんな節約方法は初めて見たかも。

エアコンは設置するように穴が開いてるところに何も考えずに設置していたので、そんなやり方もあるんだなと思いました。

他にもいろいろ紹介してらして、部屋に障害物がなければエアコンは2倍効く、とか知らなかったことがありました。

でも、バスタオルを薄手のものに変える、とかはうちではやりにくい節約方法なんですよね。

数年前にも同じ節約方法を見て、薄ければ乾きが早いと書かれていたんです。

うちは家族6人のバスタオルを毎日洗濯するから、乾きが早いのはとってもいい!と思って薄いバスタオルを探して使っていたんですけど、近年は夫が仕事関係の方から分厚くて良いバスタオルをいただいてくるので、いただき物を使わずにわざわざ薄いバスタオルに変えるというのはやり辛いです。

洗剤も同じで、夫が前の職場から洗剤を買うのですすぎ1回の洗剤とか使いたいんですけど、洗剤は私に選ぶ余地がありません。

いいバスタオルをただでいただいたり、業務用の洗剤を使えるんだからいい話なんですけど、ちょっとそういうところは歯がゆいかな。

サンキュ!2014年7月号:月35日やりくり

サンキュ!2014年7月号の50ページからのやりくり方法として、「年間予算」と一緒に紹介されているのが「月35日やりくり」です。

1ヶ月はだいだい30日くらい、4週間とちょっとですが、それを週予算のみでやりくりをして、1ヶ月を5週=35日として考える、というやり方なんだと思います。

たしかに、1ヶ月ごとにやりくりって考えるのが基本のようですが、中途半端なんですよね。

お給料日が月末だったらやりやすいけど、15日や25日など半端な日だったらさらに中途半端。

でもお給料日に関わらず、とにかく1週間ごとに考えていくならばとってもシンプルでやりやすいのかも?

対応している家計簿は少なそうですが、月で考えると期間が長いから後半がんばろう、とか浪費家な私はつい無駄遣いしちゃいます。

この6月は初めて(っていうのがすでに問題なんでしょうけど)1ヶ月分の家計簿をつけきれそうなのですが、何枚ももらってないレシートがあったりレシートのない買い物をしたのを入れてなかったりでもびっくりするくらいお金使ってるのが分かりましたからねえ…。

私も夫も浪費癖があるので、止める人がいない家計。危険です(>_<)

来月からはパートのお給料も入ることですし、ここらでしっかり家計を把握するってことが必要だなと本当に思いました。

サンキュ!2014年7月号:スライスチーズで極上チーズケーキ

サンキュ!2014年7月号の34ページに、スライスチーズで作るチーズケーキが載っていました。

クックパッドの人気レシピが1位から3位まで紹介されていて、気になったので1位のクックパッドのレシピを探して確認してみました。

材料は、スライスチーズと牛乳と卵2個と薄力粉、砂糖、レモン汁だけ!

材料的には今からでも作れるくらいですね。

作り方を見ると、卵黄と卵白に分けて卵白をメレンゲにする、という作業があります。

メレンゲ…手作業でメレンゲ作ったことありますが、とっても腕が痛くなった記憶があります…。

電動のを買えば話は早いんですけど、そうそうメレンゲ作らないしなあ。

手作業で混ぜ続けるのがしんどいのって言ったら、パッと思いつくのがメレンゲと生クリームですね。

どちらも、そうそう混ぜない…。

メレンゲだけうーんと思っちゃいましたけど、この材料で、ちょっとメレンゲ頑張るだけでふわふわしゅわしゅわのチーズケーキが出来上がるなら、頑張ってみようかなと思いました。

今年小学校に上がった長女が最近やっと休みの日にお友達と遊ぶようになって、おうちにお邪魔したりもするので、手土産にもいいかも~。

せっかくできたお友達が離れないように、しっかり作らないとってプレッシャーも感じちゃいますが(>_<)

サンキュ!2014年7月号:大人のリュック

サンキュ!2014年7月号の29ページに【大人が「リュック」】と大人向けのリュックが紹介されています。

他のファッション誌でもリュックを見て、気にはなってるんですよね。

色はシックで、遠足っぽくならないように、スカートやワンピに合わせてコーディネートするといい、ということなんですが、身長150センチと子供の友達にもうすでに身長抜かれている私には大人っぽくコーデって難しいと思っちゃうんですよねえ。

まず、シックな色のバッグを持ち慣れていないというのもありますしね。

服がわりと落ち着いた色が多いので、バッグだけは派手なピンクだったり真っ赤だったりでポイントにするのが簡単で多いんです。

リュックじゃなくても、斜め掛けすれば両手は空くし、とも思うのですが、ロングスカートやマキシワンピースにリュック合わせたらかわいいんだろうなあ、と思います。

斜め掛けだと全部長くなっちゃうから、バッグだけはコンパクトにリュックの方がバランスはいいと思うんですよねえ。

でも安物のリュックよりも大人らしいしっかりした素材のリュックの方がやっぱりしっくりくるだろうから、高い買い物して失敗したくないと思っちゃって(^_^;)

ガーリーな服装にシックな色のリュックを合わせるのがたぶん正解なのかな?と思うのですが、低身長でガーリーな服だとぶりっ子っぽいというか、子どもっぽいというか若作りっぽくなっちゃいそうで、ガーリーな服ってあんま持ってないんですよね。

カジュアルな服が多いから、気を付けて服着ないと登山みたいになっちゃいそうかも。

ハットも紫外線防止率が高いのに惹かれて買ったことがあるのですが、カジュアルな服にハットで探検隊みたいになったという失敗体験もあったりするので、なお慎重になっちゃいます。

久々の仕事に勉強と睡眠不足

今月から保育園の先生のパートに行き始めて、ハードな仕事ながらやりがいも楽しさもあり、できる限り続けていきたい仕事だと感じています。

やっていくなら保育士の資格がある方が保護者の方々からも信頼がおけていいだろうし、家の近くで保育士の仕事を探したい、なんて時のためにも資格はできれば取りたいと思っています。

でも私は平成3年以降の高校卒業なので、そもそも保育士の資格試験を受ける権利がないんですよね。
まずは働いて、2年以上何千か時間以上勤務の実績をもって受験資格を得なくてはなりません。

職場まで行くのに電車に30分以上乗るから、一日往復1時間の電車に乗ってる時間に勉強して、受験資格を得たら保育士の国家試験を受けるという計画を立てました。

一日1時間でも、私のシフトだと受験資格を得るまでに3年くらいかかる計算になるからそれだけの時間を費やせばけっこう勉強できるだろう、と思っていました。

ところが実際に働きだしてみると、覚えることが多いから帰りの電車では今日やったことを思い返してノートに書き残しておきます。
初日の帰りは、それだけで自宅の最寄り駅に着いちゃって全然勉強できませんでした。

朝出勤する時の電車ではそのノートを読み返して、仕事中のミスを減らすべくおさらいします。
その後、テキストを出して勉強します。

なんですが、久々の仕事で疲れるのと帰りの遅い夫に付き合って睡眠不足だしで、勉強し始めると即効で眠くなっちゃうんですよ(^_^;)

勉強なんて仕事以上に久々なので、もう頭が勉強できないんじゃないのかなってくらい、もう2~3分で眠くなります。

なんとかこらえて見開き分の2ページは読んでから寝るようにはしてるんですが、このペースだと3年あっても満足な勉強はできないかもしれない、と思っちゃいます。

子供たちがアナと雪の女王の主題歌にはまっています

アナと雪の女王が人気ですよね。

ゴールデンウィークに映画館に観に行ったら、朝7時か8時かくらいから行ったのに売切れで観られなかったんですけど、子供たちはユーチューブで観たりして、歌をだいぶ覚えているようです。

サビのところなんて2歳になったばかりの末っ子も覚えてるくらいで、子供たちが「ありの~ままの~♪」と合唱したりしています。

その様子がかわいくて微笑ましくて、動画で撮ったりもしました。
ちゃんと覚えてないからエンドレスに繰り返すので、たっぷり4分くらい歌い続けていました。
後からかわいいから動画を送ろうとしたら長すぎでダメだったくらい。

末っ子は動画を撮って親戚のお姉ちゃんや友達に送るところまで要求してくるので、ちょっと困ります(^_^;)
はじめはかわいいしいっか~と思って気軽に送ったんですけど、そうしょっちゅう2歳児の歌声送られてももらう方も困るでしょうしね。

たまたま連絡してくれた友達に「少々おつきあいください」って前置きして送らせてもらったりしています。

送る分以外にも、何度も何度も歌っては撮る、というのを要求されて、いっぺんに末っ子の歌声動画がいっぱいになっちゃいました。

次女とかおもしろがって観ていましたけどね。

でも親ばかながら、2歳になったばかりにしては上手なようにも思います♪
次女が音痴なんですよねー。
それはそれでかわいいから全然アリだと思うのですが。

アナと雪の女王のブルーレイの予約がすでに始まってるようで、動画を送った親戚のお姉ちゃんが予約した、と言っていました。
小さい子供がいるから映画館で観るのは難しいから、もう予約したよ~って。

氷の城とか、映画館の大きいスクリーンで観たいなあ。

でも夏休みにはポケモン映画も始まるんだったと思うので、子供たちはそっちに流れちゃうんだろうな、とも思います。

日経ヘルス2014年7月号:朝のストレッチのイメージ

日経ヘルス2014年7月号の24ページからの朝のストレッチなんですけど、
26ページ27ページあたりのストレッチってやり方見てもイマイチ分からないかもしれませんが、
イメージはシャドーボクシング、とかイメージを書いてくれてるので分かりやすいです♪

でも、胸開き反動ストレッチのイメージ「指揮者」はよく分からなかったです(^_^;)
指揮者が胸開いてるイメージがあんまりわかなくって。

前屈反動ストレッチの「イメージはヨーヨー」っていうのもよく分からなかったです。
でもこれは説明見たらだいたいわかったような気がしたので、たぶんなんとなくできてるんじゃないかな?

背中伸ばし反動ストレッチの「イメージはシャドーボクシング」っていうのは、イメージを見てなるほど~とつかめた気がします。

説明だけじゃちょっと分からなかったんですが、シャドーボクシングのイメージでやってみて分かりました。

ちなみに私が一番効いた、と思った「わき腹伸ばし反動ストレッチ」のイメージは「メトロノーム」です。
これも、体はまっすぐに保ちながら左右に倒れる感じが分かりやすいと思いました。

メトロノームってほのぼのしたイメージだけど、実際ストレッチはけっこうなきつさですけどね。
でもこれは効いたと思います!この雑誌の中でイチオシのストレッチかも。

母親が働き始めると熱を出すジンクス?

働き始めて1週間ほどで、次女が熱を出しました。

それも、週明けの月曜日がお休みで、保育所に普通にお迎えに行って、1時間くらいは普段通りに遊んでたのが急に布団を持って来てゴロゴロし始めて、はじめは眠いのかなくらいに思ってましたがおやつを出しても食べないしで、様子がおかしいと思って体を触ったら熱い!

熱を測ったら39度もありました。さっきまで外で遊んでたのに?!とびっくりしました。

ギリギリ間に合う時間だったんで急いで病院に連れて行ったら喉が赤い、という診断でした。

今日この熱じゃ明日の朝下がってても保育所に連れて行けない、と思って、職場にすぐ電話して翌日のお休みをもらいました。
まだ試用期間中なんですけど…子供の体が一番なので、しょうがないです。

翌日は末っ子もついでにお休みさせて、3人でのんびり過ごしました。

そしたら熱も下がってくれて、1日休んだだけで仕事に戻れたので良かったです♪

喉からの熱でも3日くらい熱下がらない時とかありますもんね。

せめて試用期間中の2ヶ月は子供たちにもなんとか体調崩さないように頑張ってほしいです。

幸い理解のある職場なようで、電話した時もお大事に、と言っていただけたし、仕事に戻れた日にも「お子さん大丈夫?」とみなさん心配してくれていて、申し訳ない気持ちといい職場に入れて良かったなと安心感とありました。

「母親が働き始めたら子供って熱出すって言うよね」って言われて、そんなジンクスがあるんだって知りました。
合ってそうですよね、そのジンクス。

でも雇う方にしたらしょっちゅう休まれては困るでしょうから、本当、子供たちの体調管理には気を付けないとなと思います。

インフルエンザとかウイルス性胃腸炎とか流行りものはどれだけ頑張って気を付けていてももらっちゃったりしますけどね(>_<)

保育園は全然のんびりじゃない職場

よくよく考えればそりゃそうだな、という話なのですが、保育園で働き始めて一番最初に思ったのは、こんなにも時間に追われるんだ、ということでした。

子供たちを取りまとめながら、何時から何時にお散歩、何時からお昼ごはん、何時にはお昼寝させてお昼寝の間に連絡ノート書いて、起きたらおやつ、おやつが終わったら終わりの会。

その合間合間に手洗いやトイレタイムやお着替えがあって、ごはんの支度にお昼寝の支度、それぞれの片付け、何かしたらセットで付いてくる掃除。
掃除も赤ちゃんや低年齢の子どもさんが多いからか、掃くだけとかゴミを取れば終わりじゃなくって消毒まできっちりします。

とまあ、やることが山ほどあって、保育士さんって大変な仕事だなとしみじみ思いました。

毎日やることは一緒だから、慣れて流れが分かるようになれば大丈夫だそうですが。

私が自分の子供を預けているのは市の保育所なんですが、私たち親が見る部分は送り迎えの時だけだから何か活動をしてる時間じゃないので、比較的のんびりと子供たちと遊んでる姿や子供が遊んでるのを見守ってる先生の姿しか見る機会がないんですよね。

職場は認可外の保育園なのでまた公立の保育所とは違うかもしれませんけど、こんなバタバタの中でよく連絡ノートにいろいろ書いてくれるように一人一人を見てくれてるなあ、と感心しちゃいます。

私はまだ名前とお顔が一致しないお子さんもいるくらいで、公園で一生懸命石拾ってた子って誰だっけ?と思っちゃったりします。
子供が好きで選んだ仕事なので自然とよく見てるから何をしてたのかとかは鮮明に浮かんでくるんだけど、あれって誰?みたいな(^_^;)

覚えることもやることも多くて大変だけど、すっごくやりがいのある楽しい職場でもあります♪