映画「博士と狂人」の配信動画を無料で観る方法!

博士と狂人動画無料

映画『博士と狂人』は、2018年に公開されたドラマ映画です。

史上最大の英語辞典を作った男たちの真実を描くドラマがこの映画の見どころ。

『博士と狂人』を無料で観たい!と思っていても、新作&準新作でもある『博士と狂人』は動画配信サービスでも見放題になっていない場合が多く、なかなか無料では観ることが出来ませんよね。

そんなあなたの為に、この記事では『博士と狂人』を完全に無料で観るための方法をご紹介していきたいと思います!

映画好き100人に聞いた『博士と狂人』の評価

65/100点中

81~100点 18人
61~80点 17人
41~60点 34人
21~40点 27人
1~20点 4人

洋画MAP編集部が実施した『映画好き100人に聞いた博士と狂人の作品評価点数アンケート』によると、65点という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

その中でも81~100点が18人、61~80点が17人と高評価をしている人数も多いですね!

それでは、『博士と狂人』を無料で観る方法をご紹介していきましょう。

『博士と狂人』を本当に無料で観る方法

『博士と狂人』を無料で観る方法とは、下記の動画配信サービスの無料お試しで貰えるポイントを利用することです!

『博士と狂人』は新作・準新作となっているため見放題に含まれない有料作品になりますが、有料分を無料お試しで貰えるポイントを使うことで無料で視聴できることになります。

本日から12月27日まで無料!

配信状況
レンタル料 399円
貰えるポイント 600円分
月額/無料期間 2,189円/30日間

本日から12月11日まで無料!

配信状況
レンタル料 500円
貰えるポイント 900円分
月額/無料期間 976円/14日間

本日から12月27日まで無料!

配信状況
レンタル料 440円
貰えるポイント 1600円分
月額/無料期間 1,958円/30日間

ちなみに2022年11月時点では、『U-NEXT』『FODプレミアム』『music.jp』で配信がされています。

このようなポイントプレゼントはいつ終わるか分かりませんので、たくさんのポイントが貰える今のうちに無料お試しをしておくことをおすすめします!

それでは、各サービスの紹介と無料お試しのメリットについてご紹介していきたいと思います。

『博士と狂人』を無料で観れるU-NEXTとは

『博士と狂人』レンタル料399円
無料で貰えるポイント数600ポイント
公式サイトURLhttps://video.unext.jp/
運営会社株式会社U-NEXT
月額料金2189円
無料お試し期間30日間
映画・アニメ等見放題22万作品以上
無料マンガ数常時5000作品以上
雑誌読み放題160誌以上

U-NEXT無料お試しで『博士と狂人』を観るメリット

  • 『博士と狂人』を無料で観れる
  • 余った201円分のポイントも自由に使える
  • 映画・アニメ・ドラマが22万本以上見放題
  • 無料マンガ5000作品以上が読み放題
  • 雑誌が160誌以上読み放題

『博士と狂人』が無料&有料作品がもう一本201円分OFF

『博士と狂人』を600円分の無料ポイントで観たとしても、201円分のポイントが余る計算ですよね?

このポイントももちろん自由に使えるわけですが、『博士と狂人』と同じような新作であれば通常399円程度ですので、201円分のポイントを使って198円で観ることが出来ます。

『博士と狂人』を無料で観た後も動画22万本&漫画5000作品見放題

また、U-NEXTの無料お試しでは、上記のように雑誌&無料マンガの読み放題が多い点も魅力ですね。

『博士と狂人』を無料で観た後も、お試し期間の30日間であれば動画22万作品以上と漫画5000作品以上が見放題で楽しめます。

こちら記事「U-NEXTで新作・準新作の有料映画作品を600円分無料で観る方法~解約方法」では、U-NEXTの詳しい紹介や特徴に加えて、メリットやデメリット、無料お試し登録までの流れから解約手順までを細かく紹介していますので、いきなり無料お試しをするのが不安という方はチェックしてみてくださいね。

本日から12月27日まで無料!

「U-NEXT」公式サイトで観る

『博士と狂人』を無料で観れるFODプレミアムとは

『博士と狂人』レンタル料500円
無料で貰えるポイント数900ポイント
公式サイトURLhttps://fod.fujitv.co.jp/
月額料金976円
無料お試し期間14日間
運営会社株式会社フジテレビジョン
動画見放題2万本以上
オリジナル作品見放題5000本以上
無料マンガ数常時3000作品以上
雑誌読み放題150誌以上

FODプレミアムの無料お試しで『博士と狂人』を観るメリット

  • 『博士と狂人』を無料で観れる
  • 余った400円分のポイントも自由に使える
  • 無料マンガ3000作品以上が読み放題
  • 動画が2万本以上見放題
  • FODオリジナル作品が5000本以上見放題

『博士と狂人』が無料&有料作品がもう一本400円分OFF

『博士と狂人』を900円分の無料ポイントで観たとしても、400円分のポイントが余る計算ですよね?

このポイントももちろん自由に使えるわけですが、『博士と狂人』と同じような新作であれば通常500円程度ですので、400円分のポイントを使って100円で観ることが出来ます。

『博士と狂人』を無料で観た後もFOD限定作品5000本見放題

また、FODプレミアムの無料お試しは、上記のようにFODオリジナル作品が見放題な点も魅力ですね。

『博士と狂人』を無料で観た後も、お試し期間の14日間であれば、映画やアニメ2万本に加えてフジテレビ作品・FODオリジナル作品5000作品以上が見放題で楽しめますよ!

こちら記事「FODプレミアムで新作・準新作の有料映画作品を900円分無料で観る方法~解約方法」では、FODプレミアムの詳しい紹介や特徴に加えて、メリットやデメリット、無料お試し登録までの流れから解約手順までを細かく紹介していますので、いきなり無料お試しをするのが不安という方はチェックしてみてくださいね。

本日から12月27日まで無料!

「FODプレミアム」公式サイトで観る

『博士と狂人』を無料で観れるmusic.jpとは

『博士と狂人』レンタル料440円
無料で貰えるポイント数1600ポイント
公式サイトURLhttps://music-book.jp/
運営会社株式会社エムティーアイ
月額料金1958円
無料お試し期間30日間
無料マンガ数常時2000作品以上
新作・準新作・話題作数3万作品以上

music.jpの無料お試しで『博士と狂人』を観るメリット

  • 『博士と狂人』を無料で観れる
  • 余った1160円分のポイントも自由に使える
  • 無料マンガ2000作品以上が読み放題
  • 動画に使える1000ポイントで最新作の映画も観れる

『博士と狂人』が無料&有料作品がさらに最低2本無料

『博士と狂人』を1600円分の無料ポイントで観たとしても、1160円分のポイントが余る計算ですよね?

このポイントももちろん自由に使えて、『博士と狂人』と同じような新作であれば通常440円程度ですので、1160円分のポイントを使えばさらに最低2本は無料で観ることが出来ます。

つまり、music.jpの無料お試しでは、『博士と狂人』に加えて新作など有料作品2本の合計3本が無料で観れるというとんでもなくお得なことになっています!

『博士と狂人』を無料で観た後も漫画2000作品以上読み放題

また、music.jpの無料お試しでは、無料の漫画作品が読み放題な点も魅力です。

『博士と狂人』を無料で観た後も、お試し期間の30日間であれば無料漫画2000作品以上が読み放題で楽しめますよ!

他の動画配信サービスと比べると動画見放題がありませんのでいまいちと感じがちですが、無料で貰えるポイントが圧倒的に多いので一番おすすめできる無料お試しです。

こちら記事「music.jpで新作・準新作の有料映画作品を1600円分無料で観る方法~解約方法」では、music.jpの詳しい紹介や特徴に加えて、メリットやデメリット、無料お試し登録までの流れから解約手順までを細かく紹介していますので、いきなり無料お試しをするのが不安という方はチェックしてみてくださいね。

本日から12月27日まで無料!

「music.jp」公式サイトで観る

『博士と狂人』の作品紹介

博士と狂人動画無料
公開年2018年
配信開始日2021年03月24日
時間124分
監督P.B.シェムラン
制作
キャストメル・ギブソン

『博士と狂人』のあらすじ

学士号を持たない言語学博士・マレーは、オックスフォード大学で英語辞典の編さん計画を進めていた。プロジェクトが困難を極めるなか、謎の人物から大量の資料が送られてくるように。その正体は、殺人を犯し精神を病んだ元軍医・マイナーだった。

『博士と狂人』の見どころ

世界最高の英語辞典の基礎を築いたのは異端の学者と殺人犯だったという驚きの実話を映画化。メル・ギブソンとショーン・ペン演じる2人の天才の絆をドラマティックに描出。

『博士と狂人』のおすすめポイント

サイモン・ウィンチェスターによる原作を読んだメル・ギブソンはすぐ映画化に名乗りを上げ、当初は自身で監督を務めるつもりだったという。

『博士と狂人』のネタバレ・感想

ヴィクトリア朝時代のイギリスは、世界の4分の1を支配下においており、
植民地を統制するには共通の言語が必要であった。
オックスフォード大学は史上初の英語辞書「OED(オックスフォード英語大辞典)」を編纂するプロジェクトに取り組んでいた。
プロジェクト主幹のジェームズ・マレー(メル・ギブソン)は、スコットランド出身で、貧しさのため高等教育を受けられず、独学でさまざまな言語や学問を修めてきたいわば在野の秀才だった。

同じ頃、ロンドンでは米国の退役軍人がPTSDによる人違いで男を銃殺する事件が起きる。
犯人のウィリアム・チェスター・マイナー(ショーン・ペン)は南北戦争に従軍した後、精神を病み英国に流れ着いていた。責任能力なしで無罪となったマイナーは精神病院に収容される。元々豊かな教養があり、彼の治癒の可能性を認めた所長は、特別に広い居室を与えて好きなだけ本を読むことを許可した。

1873年、マレー教授が本に挟んだ、「辞書ボランテァ募集」を見つけたマイナーは、早速応募し、1000枚にも及ぶ単語カードをオックスフォードに郵送した。
ただの辞書というより、古語、廃語、俗語、外来語などとその変遷を収録すべく用例を集めていたマレーたちは、作業が進まず行き詰まっていたのでマイナーの応援を非常に歓び、
以後、マレー教授とマイナーの間に、固い友情と信頼関係が育まれる。

マイナーが人違いで射殺してしまった事の償い、未亡人へのお金の支払いや食料の提供も
ストーリーに組み込まれる。いくら償っても償いは終わらないとするマイナー・・。
貧困層である未亡人イライザは字が読めない。マイナーがイライザに読み書きを教えると申し出る場面が美しい。
「言葉は君を自由にする。言葉のツバサを持てば世界の果てまで飛べる」
いつしかマイナーとイライザの心は通い合うようになるのだが、苦悩するマイナーはついに、おのれの局部を切り取るという行為に出る。厳しい信仰心と、償いの身である事に許しがたかったのだ。そして、院長の計略により、さらなる試練が待っていた。

ショーン・ペンの凄まじい体験に比べると、メル・ギブソンは影が薄いようにも思える。
が、16歳で助教授、20歳で校長先生と苦学震旦の人であり、オックスフォードの理事たちからは嫌われつつ、学閥もなく、この困難な仕事に没入した。ある意味、狂気がなければできないだろう。
OEDは実に70年の歳月を掛け1928年に完成した。

辞書といえば『どらえもん辞典』しかお世話になっていない私が、本当のこの映画の困難は理解できないのかもしれない。史実を元にしたなかなか渋い作品だった。

引用元:TSUTAYA

2018年(イギリス他)
感動というより興味深い映画でした。
キャスティングも実力派の渋い俳優揃いです。
違うキャストと別のアプローチならもう少し面白くなったのではとも考えます。

もともとが辞書作り(オックスフォード英語大辞典)を膨大な年月をかけて編纂する・・
はじめから地味なのですが、そこに殺人犯で心を病んだ男マイナー(ショーン・ペン)が、
ボランティアとして協力したことから起こる、横やりと軋轢が最大の見せ場になります。
マイナーの心の闇も19世紀にこんなに複雑な心の男がいたのかと興味深かった。

オックスフォード英語大辞典(OED)は41万語を収録する世界最高峰の辞書です。
大学も出ずに独学で20カ国語を操る男・ジェームズ・マレーをメル・ギブソン。
辞書作りに膨大な資料を送って来る男マイナーが殺人犯でしかも狂人とは?
原作はノンフィクションのベストセラー。
「博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話」
(サイモン・ウィンチェスター著)
メル・ギブソンはマレー博士の落ち着いた嘘のない重厚な人物像を熱演。
対してショーン・ペンは自分の犯した罪の重さに押し潰され、そしてまた
被害者の妻を愛することで、自らを傷付けてしまう(ここは、ショッキングです)
やはり狂人役がこんなに似合う人は他にいないかも知れません。

オックスフォードの美しい景色や書籍が山積みの部屋。
そして何よりマレー博士亡き後も続けられて70年掛かって完成された
「オックスフォード英語大辞典」こそが主役の映画でした。
しかしOEDのどこがそんなに重要で凄いのか?
あまり伝わってこなかった。
ネットの情報は360度に渡って多方向に検索できますね。
その情報を正しく選ぶことこそが難しいと言える現代社会です。
「オックスフォード英語大辞典(OED)」より引用と書けば、
その語彙の情報の正確さにお墨付きが与えられる・・・
そんな価値があるのかも知れません。

・・・辞書は言葉の海を渡る舟・・・
目的はこの映画の《OED》も「舟を編む」の辞書《大渡海》と同じ。
しかし「舟を編む」程の、若く魅力的な人物が生き生き動くような感動には
至らなかったと言うのが本音です。

引用元:TSUTAYA

面白かったし、ここでつくられた辞書がどういうものかが最後のテロップでわかって驚いた。
完成したのが1928年で、70年かけて編纂されて、414.825語と183万の引用句が掲載されたとなっているが、今現在普通に売られているオックスフォードの辞書の第10版は228,000語となっている。ちなみに、広辞苑は25万語。赤尾の豆単は3800語だ。
メル・ギブソン演じるマレー教授はAからTまでつくって死んだそうで、そのあとは他の人がやったようだが、そこからはtundown した(失速したという意味か?)と英語のテロップに書かれてあった(日本語字幕ではカットされてた)。
なにせAとBだけで1冊になっていて、これができあがって皆祝杯をあげていたわけで、これがいかに大変な作業だったかが想像される。

で、この作業の初期段階での最大の功労者がショーン・ペン演じるウィリアム・マイナー博士であるが、この人のエピソードがどこまでホントだったのかはよくわからない。統合失調症で毎晩幻覚を見ていて、ただの通行人を自分を殺しに来た者だと思い込み、その者をその奥さんの目の前で射殺するってのは、映画を盛り上げるための演出だろうなと思う。その奥さんを援助してるうちに奥さんに対する気持ちが抑えきれなくなり、思わず自分のアソコを切り落としてしまうってのも、ホントかいなって思った。
が、ショーン・ペンの迫真の演技もあり、説得力はあった。

引用元:TSUTAYA

オックスフォード英語大事典(OED)は、初版の出版に70年という歳月をかけた、想像を絶する英語辞典です。初版全12巻、第2版全23巻というボリュームで、もはや言葉の百科事典と言っていいレベル。現在、第3版の改訂作業が進んでいると言われていますが、電子版のみの出版と予想されています。OED無くしては、特にシェイクスピアを始めとする過去の作品は正確には読めないとされています。単語それぞれに意味の変遷を年代順に掲載し、語義ごとに出典と年代を明記した引用が付記されています。単語がこの意味で使われるようになったのはいつのことなのかが、ほぼ正確に分かります。

 しかしながら、この映画はOEDの編纂自体がテーマではありません。一向に辞書の編纂が進展しないことに業を煮やしたオックスフォード大学の編集局が白羽の矢を立てたのは、スコットランド出身で、学問とは無縁の貧しい仕立て屋の息子、学歴も学位もないけれど独学で数十に及ぶ言語に精通した博覧強記のジェームズ・マレーという人物。紆余曲折がありながらも、心血を注いだ編纂の功績がやがて認められ、博士の学位まで授与されるという上昇の人生。

 一方、学識ある立派な外科医でアメリカの元軍医でありながら、戦争によるPTSDに苦しめられ、妄想により何の罪もないジョージ・メレットを誤って殺害してしまい、ロンドンで裁判にかけられているウィリアム・マイナー博士。精神異常の判定で無罪となり絞首刑は免れるが、保護措置によって精神病院に拘禁されるという下降の人生。そんな対照的なふたりの人生が、辞書編纂の作業を通して偶然に交差し、互いに深く関わり合うようになる。

 深刻な葛藤を抱えたマイナー博士とメレット未亡人との交流や、精神病院長がマイナー博士を残酷で歪んだ治療法の実験対象にするといったエピソードを交えながら、言葉は神の栄光と共に、許しは愛と共に、という宗教的なテーマが浮かび上がってくる。OEDの編纂という高邁な目標から始まって、許しと愛を語る物語が、最後は、マイナー博士を救い出すために、政治的権力がものを言う展開になってしまい、とても残念だ。マレー博士とマイナー博士をそれぞれに支える妻のエイダとメレット未亡人の毅然とした姿勢が印象的だった。イギリスらしい重厚な映画になっているけれど、とても重く、圧迫される。

引用元:TSUTAYA

なかなか良かったです。
史実に基づくノンフィクション『博士と狂人―世界最高の辞書 OEDの誕生秘話』を
基に映画化されています。
どこまでが史実かは不明ですが
ドラマとしてはかなり引き込まれました。
辞書を作る大変さは『舟を編む』でも味わいましたが
オックスフォード大学という名門大学において作成される辞書に
狂人とされる囚人が関与していたとあっては
それは大事だったことでしょう。

ショーン・ペン演じるウィリアム・マイナーはアメリカの元軍医。
何故イギリスに渡ってきたのかは不明でしたが
彼はアメリカの南北戦争時代に
自分が犯したことによる罪の意識から精神を病んでしまい
殺人を犯してしまいます。
その殺人の罪の意識から更に精神は闇の中へ。
彼の心を救ったのは、辞書作りのために募集したボランティアでした。
辞書の編集責任を任されたのは、博士号をもたない学者マレー。
演じるのはメル・ギブソン。
主演の二人の演技が見事です。
罪の意識が深すぎて、許されれば許される程に
不安定な精神状態の泥沼から抜け出れなくなるウィリアム。
彼を友、兄弟と呼び、手を差し伸べ救い出そうとするマレー博士。
《単語》という単純な繋がりを通じて深まる二人の絆と
マレー博士の揺るがることの無い強い信念に感動しました。

ちょっとグロイシーンもあるので、苦手な人はご注意を。

引用元:TSUTAYA

『博士と狂人』のDVDがお得に購入できるサイト一覧

サイト名ポイント還元率公式サイト
amazonロゴAmazon1%~(40円分)探す
楽天市場ロゴ楽天市場5%~(200円分)探す
yahooショッピングロゴYahoo!ショッピング3.5%~(140円分)探す
paypayモールロゴPayPayモール5.5%~(220円分)探す
メルカリロゴメルカリ-探す
ラクマロゴラクマ-探す

DVDで『博士と狂人』を観たい時はPayPayモールが一番お得

「映画は配信じゃなくてDVD派!」という方や、「気に入った映画はDVDで実物も買いたい!」という方も多いですよね。

もし『博士と狂人』をDVDを買うのであれば、PayPayモールが一番お得ですよ!

ポイント還元率が5.5%~と大手ショッピングサイトの中でも一番高いですし、決済にPayPayが使えるので獲得したポイントも使いやすいです。

『博士と狂人』の場合だと、約3990円なので、5.5%のポイント還元で約220ポイントが獲得できます。

このポイントは、そのまま220円分として普段の買い物等で利用できますので、こだわりがなくポイント還元がない店舗で買っているのであれば、賢くお得に買えるサイトを利用しましょう!

『博士と狂人』を無料で観れる内に読んでおこう

この記事では、『博士と狂人』を無料で観ることが出来る方法をご紹介してきました。

記事の前半部分でも書きましたが、無料トライアルでポイントが貰えるキャンペーンはいつ終わるか分かりませんので、見たい映画があるのであれば今すぐにでも観ておくことをおすすめします!

なお、この記事でご紹介している『博士と狂人』を無料で観る方法に関しましては、『U-NEXT』『FODプレミアム』『music.jp』が提供している正規で安全な方法となっております。

著作権の侵害や、海賊版・コピーコンテンツに該当するような内容は一切ありませんので、ご安心してご利用ください。この記事のコンテンツ指針に関しては、こちら「当メディアのコンテンツ指針」をご確認ください。

※本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況は『U-NEXT』『FODプレミアム』『music.jp』公式サイトにてご確認ください。

本日から12月27日まで無料!

配信状況
レンタル料 399円
貰えるポイント 600円分
月額/無料期間 2,189円/30日間

本日から12月11日まで無料!

配信状況
レンタル料 500円
貰えるポイント 900円分
月額/無料期間 976円/14日間

本日から12月27日まで無料!

配信状況
レンタル料 440円
貰えるポイント 1600円分
月額/無料期間 1,958円/30日間